【セルフケア動画】筋膜整体のシェイプアップ効果

筋膜グリップ

今回は筋膜グリップの施術を受けて下さった方より「お腹周りがヤバい!」とのお声を頂いたのでご本人様のご許可を頂いてご紹介させて頂きます。

 

 

患者様プロフィール・評価・施術内容

●30代 女性

腰をひねった時に痛いのが良くならないとのことでご相談があり来院。

【評価】

●フロントラセン型

●腹部の癒着(強)

●噛み締め(強)

●腸腰筋等、インナーマッスルのトラブルの疑い

【テクニック】

フロントラインを中心に腹部・噛み締め6ポイントの調整

【経過】

初回にみられたような手技を施した際の激痛は徐々に収まって来ており、姿勢も安定して来ている。

ご反響・ご感想

3回ほどご通院下さった際に「お腹が引っ込んだ!ヤバい!」との喜びのお声&画像を患者様ご自らご提供・報告下さいましたので、ここに画像を紹介させて頂きます。

 

【初回来院時】

 

【3回目来院時】

 

考察

このケースについてはあまりに変化が大きいのでにわかに私は信じれませんでした。

 

念のため色々と確認させて頂いたところ【初回来院時】のお腹の撮影画像については「お腹を膨らませて撮影している」とのことですので、やや画像的に極端に写っているようです。

 

しかしながら、数回の施術でご本人様的にはかなりの手応えがあり、ウェストが引き締まった実感があったそうで自己申告下さいました。

 

それでは何故このような効果があったのかについて以下に考察したいと思います。

 

原因は何だったのか?

上述の【評価】の項目をご覧頂くとをわかりますが、この患者様は腹部の筋膜にかなり強い癒着が認められました。

 

そこで認められた初見は以下の通りです。

 

●押すと激痛

●筋膜の滑走が少ない

●インナーマッスルの硬結

●腹圧の異常(間質/かんしつが狭まっている)

 

筋膜的な問題もさることながら骨盤のポジションの異常も起こっており、結果として・・・

 

●内臓の下垂

●むくみ

●新陳代謝の異常

●運動能力の低下(関節可動域の低下による筋出力の低下)

 

・・・などが発生し、お腹の膨満(皮下脂肪以外にも「むくみ(水分代謝の不良)+内臓の下垂(による下腹部の膨張)」が発生していたものと思われます。

 

よって、単純な脂肪燃焼によるシェイプアップのみではなく、筋膜と骨盤のコンディションを整えることで【水分代謝】【内臓のポジション】【新陳代謝の低下・異常】が正常になった結果、“ご本人様本来の体型になった”という理解の方が本件についてはふさわしい解釈だと私は考えております。

 

最後に

今回は腰痛のご相談のはずがシェイプアップに意外な効果が!?という事例についてご紹介させて頂きました。

 

「筋膜グリップで痩せるのか!?」という疑問に対して、私は「そう思う」と答えますが、その理由は・・・

 

●筋膜の癒着をとることで筋肉や関節のブレーキが外れ、ちゃんと動かせるようになる(=運動の前に筋膜グリップの施術を受けると運動能力がアップする)

●内臓の位置が引き上がることで、代謝(あるいはカロリー消費)の大部分を占める内臓への圧迫が緩む(正常に動くようになる)

●筋膜の滑走が蘇ることでむくみづらくなる

 

・・・などです。

 

つまり、もしかしたら現在のあなたの体型は“あなた本来の体型よりもたるんでしまっていたり、太って見えるかもしれない”ということです。

 

簡単に痩せることは不可能ですが、論理的に考えれば【消費カロリーが摂取カロリーを上回れば痩せる】のでシンプルといえばシンプルです。

 

それではなぜ【簡単に痩せるのが難しい】のかというと筋膜の癒着に起因する【その人本来の体型の喪失】【新陳代謝の低下】【運動能力の低下】など、今回ご紹介したような一般的に知られていない常識外の原因もダイエット の足を引っ張る原因の一つだからかもしれませんね。

コメント